自分の気持ちと向き合ういい機会になり、 周りの大切な人におすすめしたい。

こんにちは!
ストーリーフォトのタクミです。

今回、これから表現の幅を広げて
新しいチャレンジをしていこうとする、
溝下さんにストーリーフォトについてインタビューを行いました。

Q.今回のストーリフォトブック。同僚や友人に進めるとしたら、
1~10点でどれくらいでしょうか?

溝下さん:9点ですね。
今回人生の1つの節目に、いい表情の写真と今の気持ちや考えを、
一緒に残すことができてとても良かったと思っているからです。
普段自分の写真をいい形で撮ってもらえることはあまりないですし、
改めて自分の気持ちとも向き合えるいい機会にもなるので、
周りの大切な人にもおすすめしたいです。

 

Q今回サービスをご利用になろうと思ったキッカケをお聞きしてもよろしいでしょうか。

溝下さん:自分自身の”今”を残しておきたかったからです。

 


Qフォトブックの使い方を教えてください。
定期的に”あの頃の自分”を振り返るために使おうと思います。

Qこのサービスをどんな人にオススメしたいですか?
人生の節目にいる人にぜひオススメしたいです。

 


溝下さん、本当にありがとうございました。

納品時に、素敵な彼女さんがいらっしゃっており、
アフターフォトをプレゼント致しました。

ストーリーフォトは、フォトブックに使用しなかったデータも、
そして手渡しでの納品の際は、アフターフォトをプレゼントしています。

これからの新しいストーリーにむけて、いいきっかけになれば幸いです。

Story Photo.
タクミ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です