【Story 卒業】 Yuno

takumi:卒業おめでとう。
大学どうだった?

Yuno:人口2000人に満たないような小さな島で育ったの。
海に囲まれて、THE・大自然みたいなところだったなあ。
だからね、高校卒業した時点では、
私の知っている世界って、”島”だけだったの。笑

大学入って、5年間在籍して、色んな場所にいって、
たくさんの人に出会って、留学もして。
島だけしか知らなかった私が、ほんとに世界広がったよね。

そうそう、この前片付けしてたら、1年生のときの日記出てきたの。
ふわふわしてて。ほんとびっくりした。
いまは周りの人達から落ち着いているね、って言われるけどさ。
こんなにも大学の経験で変わるもの?笑


takumi:あーすごいわかる。笑
おれも入学したころ、毎日Facebook更新してた。料理とか。笑
初めての一人暮らしで興奮してたなあ。いまも毎日更新してるけど。笑

takumi:そうだ、ゆのちゃんはイタリアに留学いったよね。どうだった?

Yuno:イタリアかあ…ホント自由に遊んでくらしてたもんなあ。
でもね、やっぱり、日本の良さもイタリアの良さもたくさん言えるようになった!
あと、自分の良さをイタリアで気づかせてもらった!これが大きいなあ。
自分のこと、前より好きになれた。

Yuno:卒業してこれから、もっともっと、見る世界が広がっていくの、
本当に楽しみだな。

—————————————————————————————
Yunoちゃん卒業おめでとう。ご家族の皆様もおめでとうございます。
イタリアに留学したこともあって、同じ留学仲間で仲良くなったYunoちゃん。
これから関東にでるということで、
また大きく羽ばたくんだろうな。
応援してます!

takumi YANO.